清潔感を意識

「清潔感」は印象の中でも重要!

非モテ解消の最初のステップとも言うべきものが「清潔感」に対する意識です。どんなイケメン好青年だって、不潔だったら嫌われます。むしろ最初に好感を持っているほど、後で不潔と知ったときのショックは計り知れず、そのギャップは数あるギャップパターンの中でも最悪です。

逆に、外見があまり冴えないタイプの男性でも、ふとしたときに清潔感が出たり、衛生に気を配れている印象を与えることができたら、女性からの印象はグンと上がります。

清潔感を出すには?

「清潔感」には人を安心させる力もあります。もちろんただの印象では駄目です。きちんとした「意識」と「実行」があってこその清潔感なのですから。

ではどうしたらよいのか。まずは身なりを確認してみてください。基本的なところですが、髪はサッパリと染髪されていますか?口臭ケアは大丈夫ですか?肩にフケなどはついていませんか?襟元は黒ずんでいませんか?人がよく見る部分は意識しやすいと思います。まずはこの辺りから徹底的にチェックしましょう。

自分では当たり前になっているポイントも…

目に見える部分や感じる部分を意識するのは簡単です。難しいのは、自分では気づかない部分。他人だからこそ気づくところがあります。

自分では当たり前の光景にもなっているデスクの上。モノが乱雑に置かれてはいませんか?キーボードやマウスパッドは薄汚れていませんか?カバンの中はどうでしょう。ふとしたときに他人が見て、それをどう思うか。自分にとっては毎日の光景も、一度客観的な目線でチェックしてみると良いです。

■家の中のこんな場所がチェックされている!

家の中でも同じく、他人だからこそ目に付くポイントがあります。代表的なのはトイレや洗面台などの水回り。排水口に汚れが溜まっていたり、ハンドタオルもヨレヨレで黒ずんでいたり…。女性はとくにこの辺りに敏感ですから、きっとガッカリしてしまうでしょう。男性でもトイレを綺麗にしている人は非常に好感を持たれやすいです。せめて人を呼ぶ時くらいは清掃員になったつもりで掃除をしておきましょう。

あとは冷蔵庫の中や、ゴミ箱の使い方などもチェックポイントです。「人が見ないような場所」でもふとしたときに見られてしまうことがあります。それを逆手に取り、完全なプライベート空間でも整理整頓を忘れないようにしておくと、いざというときに「わ~、ちゃんと綺麗にしてるんだ!」と高い好感を持って貰えます。

■清潔感は出し過ぎないのがコツ

清潔感が重要だからと言って、あまりにもそれをアピールしすぎると今度は「神経質な人」というイメージを持たれ、敬遠されがちになってしまいます。

あくまで人間として基本的な部分は清潔に、それ以外では「人が気づかなくとも清潔を保つ」をモットーに、ごく自然にそれをやるようにしましょう。そうするとたまたま気づいて貰えた時にとても好感を持たれます。

関連投稿

デリヘル

プレイステーション